脱毛。自己処理のメリット・デメリット

脱毛。自己処理のメリット・デメリット

ムダ毛の処理なら、今はもう脱毛エステで…という認識でいる人が多い中、まだまだ自分で処理している人もいますよね。

 

自分で処理することって、自分のペースで納得行くまでできるし、誰か他人に合わせる必要もなければ、他人のお世話になることもないので、とても気が楽ですよね。
でも、ムダ毛の自己処理に関しては、そのデメリットも十分に理解しておいた方がいいと思います。

 

 

ムダ毛の自己処理法には、最もポピュラーなカミソリで剃るという方法、毛抜きで毛根から一気に抜く方法、除毛・脱毛クリームの様な薬剤でムダ毛を分解して除去する方法、そして今ちょっとしたブームになっている家庭用脱毛器で処理する方法があります。

 

これらの中で、肌へのダメージを基準としたデメリットが少ないのは、家庭用脱毛器での処理です。
現在の家庭用脱毛器は、以前に比べてとても進化していて、安価で使いやすくなっています。
家庭用なので、安全性のためにプロ仕様の機器よりは出力が抑えられているので、脱毛エステほどの脱毛効果は期待できませんが、フラッシュやレーザーなどの処理法は同じですから、間違った使い方をしない限りは肌へのダメージはありません。

 

 

では、その他の処理法はどうでしょうか。
特に注意しなければならない処理は、カミソリです。
剃るという行為は、考えてみてもよくないことはわかりますよね。ムダ毛だけを剃っているつもりでも、実は健康な皮膚まで一緒に削り落としているのです。それでは肌荒れになっても当然ですし、その程度で済むならまだしも、炎症を起こしたり、悪化して化膿してしまうケースも少なくはありません。

 

それに、剃るという行為を繰り返していると、皮膚はそれに耐えうるような頑丈な皮膚を作ろうとするので、それまで柔らかな肌だったところが、ごわごわと硬くなってしまったり、黒ずんで色素が沈着した肌になってしまいます。

 

毛を抜くという行為にしても、自然に生えてる体毛を強制的に引き抜くわけですから、肌への負担も大きく、ボツボツ毛穴や埋没毛というトラブルは回避できませんし、薬剤を使用する行為でも、毛穴が目立たずにきれいな仕上がりにはなりますが、薬剤による肌トラブルはあります。

 

自己処理のメリットは、何といっても手軽にできること。
でも、大きなリスクを伴うことを理解すれば、どんな脱毛手段がいちばんなのかは、わかりますよね。

 

既に広島市近辺に3店舗を展開しているミュゼプラチナム。
大手の脱毛サロンですし、売上No.1、店舗数No.1、しかも新規顧客の3割は友人等からの紹介という事ですから安心です。

 

ミュゼに通うなら、秋から冬にかけてがおススメです。